川内倫子写真展「M/E」

川内倫子写真展「M/E」

日本橋三越本店本館6階 MITSUKOSHI CONTEMPORARY GALLERYでは2020年3月18日のオープンから1周年記念の展覧会として、2021年3月17日(水)~29日(月)まで国際的に活躍する写真家・川内倫子氏の日本橋三越本店での初個展を開催。
本展では最新作の「M/E」の他、近作の「Halo」シリーズも併せて展示されます。

川内倫子写真展「M/E」

川内倫子氏がアイスランドの地を訪れて撮影した「M/E」(2019年)は、母なる大地の意味となる「Mother Earth」の頭文字から来ています。
阿蘇の野焼きを撮った「あめつち」(2013年)、自身にとって遠い、宇宙的な被写体へと向き合った「Halo」(2017年)の後、川内氏がさらなる遠い場所を求めて訪れたアイスランド。

そこには地球の息吹を感じる間欠泉や、人間の持っている時間を遥かに超える氷河が存在していました。
とりわけ休火山の内部に入ったときの体験が強く印象に残り、その火口内部で川内は、地球と自分自身が反転して一体化したような不思議な感覚を覚えたといいます。
母なる大地である自然と、人間もまたその一部であるということ。

「M/E」は、自然に対する畏敬と、自身が出産を体験したことによる変化から生まれた最新作となります。
本展では「M/E」のほか、「Halo」シリーズも合わせて展示することで、人間にとって遠いものと近いものが、見える/見えないその双方で存在しながら、入れ子状になるような世界観を紹介します。

川内倫子写真展「M/E」
「無題」(シリーズ「M/E」より)2019年 縦120×横80cm ラムダプリント ed.3
川内倫子写真展「M/E」
「無題」(シリーズ「M/E」より)2019年 縦120×横80cm ラムダプリント ed.3
川内倫子写真展「M/E」
「無題」(シリーズ「M/E」より)2019年 縦120×横80cm ラムダプリント ed.3

写真展「M/E」
開催日程:2021年3月17日(水)~29日(月)※最終日は午後5時閉場
会場:日本橋三越本店 本館6階
入場料:無料

関連記事

  1. 瀧本幹也 写真展「AFTERIMAGE」

    瀧本幹也 写真展「AFTERIMAGE」

  2. 藤里一郎+鎌滝恵利写真展「25 Hello Goodbye」

    藤里一郎+鎌滝恵利写真展「25 Hello Goodbye」

  3. 21人のアーティストによる現代春画展 nuranura展2021

    21人のアーティストによる現代春画展「nuranura展2021」

  4. KOZO MIYOSHI

    三好耕三写真展「SHASHIN 写真」

  5. 「ANDO'S HANDS Tadao Ando Works 1976-2020」

    世界的建築家・安藤忠雄の超大型限定写真集「ANDO’S H…

  6. 「はじめての森山大道」

    「はじめての森山大道」渋谷PARCOで開催

  7. 東野圭吾「白鳥とコウモリ」

    東野圭吾「白鳥とコウモリ」刊行記念 モノクロ写真コンテスト開催

  8. 加藤孝写真展「Trip to Square」

    加藤孝写真展「Trip to Square」

Work

  1. re_You are
  2. アリス(束縛)【SINoALICE(シノアリス】
  3. ホシグマ【Arknights(明日方舟)】
PAGE TOP